FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AGE-1.5について考えてみる。

2014.02.09 22:15|AGE-1.5プロジェクト
どうもこんばんは。お久しぶりにR-YAです。
更新したいなあ・・・と思いつつもしない、怠惰な生活を送っております。
でもリベレイトは書いています。
正直上記はもうテンプレート化していますね。申し訳ありません。

しかし!それは別にウチの評価が落ちるだけのところ!
いま落ちるところまで落ち切っているのでこれから盛り上げていきたいかもなあ・・・なんて思ったりもするんですが笑
なんかラインの会話もテキストとしての保存が可能だそうなので、ふぇいすふるとの会話をアップするとかそういう暇なこともやってみたいですね。

さてさて。
本日の更新ネタはずばり
「ガンダムAGE-1.5なるものはどんな存在か?」
ってとこですね。
完全に私が考えてみたいだけの自己満足記事です(ニッコリ)
そもそもAGEを全部見た!好き!という方はどれくらいいるんでしょうか。
稀少種な気がしてなりません。まあAGE見てない!きらい!という方も是非見ていってください。
考えがまとまったら絵をかいてみたり、実際に立体化してみたりするかもしれませんw
まあそれは神のみぞ知るってことで。
ではでは、続きは下からどうぞ~


1.前置き。

このプロジェクトは、今日なんとなく読んでいたAGEメカ本で見つけたとある一説に始まります。
それがこれ。
写真 (3)_R_R

『AGE-1を解析するのに25年もかかっていたのかといわれると、さすがに無理があるかなとも思うのですが、AGE-1もAGE-1.5とかAGE-1の改造機みたいなのがきっとあったんだろうなと。例えば指揮官機などのハイスペックモデルとしての機体もあったんだけど、ようやく量産機として確立できたのがアデルというようなことを考えましたね。』
双葉社 グレートメカニックスペシャル 機動戦士ガンダムAGEメカニック&ワールド p.146インタビュー記事より


これはもう作るしかないだろと。言うことで考えてみよー!という企画です(笑)
実は、同じようなことは考えていました。AGE-1って、連邦の主力気にするほどの大量生産には適してないだろうけど、ある程度までは量産が可能なのではないか?ってな感じで。
んで、レプリカを作ることができれば、当然それを次世代機のテストベッドとして使えるじゃないですか。
ってことでAGE-1の改造機としてあるんじゃないかなって考えたのがこれ。
写真 (5)_R

適当な写真で申し訳ないです;

こいつは、AGE-1重力化試験仕様ってことで作ってます。
実はAGEオリジナルMSコンテストで海老川兼武賞をいただいた作品です。自慢です。ごめんなさい。

まあコンセプトは、まだ高価なAGE-1のパーツのグレードを少しだけ落とし、共用可能な部分はジェノアスなど既存の機体パーツを使用して作った試験機って感じですかね。まあ少しスペックを落とした安価なAGE-1のコピー品ってとこです。少数生産された的な。

んで、これがオリジナルなAGE-1の改造機。

でも、海老川先生の文面から察するに、AGE-1フラットのコピーは既にできていたっぽいですね。
確かにAGE-1 2号機とかありましたし。
25年もあれば、かなりバリエーション豊かなんじゃないでしょうか?
宇宙世紀で言えば一年戦争から閃光のハサウェイまでいけるのかな?って感じの期間ですし(笑)
だからそういうのもおいおい考えていきたいですね!

2.AGE-1.5をつくってみたい!(願望)

前置きが長くなりました。
今回トライしたいのがAGE-1.5。
まあ存在したかどうかすらわかりませんが、あったとしたら、という形で考えていきたいと思いますw
で、最終的には立体化したいなーとか思っているんですが、いま改造中の機体が多すぎて・・・w
というわけでその間に詳細を考えていきたいと思っています。


3.そもそもAGE-1.5ってどんな機体だろうか。


「1.5」という名前から思い浮かんだのは、「AGE-1の強化型」と「AGE-1とAGE-2の中間機体」の二つですね。

AGE2のコンセプトって、「ゼダスっょぃ、真似しょ・・・」ってことなんじゃないかって考えると、いきなり可変機が作れました!強い!ってのは少しおかしいように思えますね。
だから、必ず(?)技術試験機がAGE-2の前にいたはずです。しかも下手したら十数の。

でもAGE2ってたしか「ディケがAGEシステムのデータを解析して作った機体」だったような・・・。
すると、なんだか技術試験機ナシでも行けちゃいそうな気がするのは私だけでしょうか(笑)
本編のディケも「なんか作ってみた!どや!」みたいな口調だったしなあ。
でも25年間あったんだから、試験機をディケさんがたくさん作ったと仮定しようそうしよう。

その中で生まれた最初の機体が1.5とかいう中途半端な名前で呼ばれたとしてもまあ納得できなくはないかなと。

もう一つは、AGE-1の純粋な強化型ですね。
1.5っていう名前であるからには、なにか中途半端さが必要な感じがします。
1→2→3で明確なコンセプトの差が見えるのに対して、1.5は1のコンセプトを半ば引き継ぐような形で新しい技術とミックスされているんじゃないか・・・という考えです。


これは長くなりそうです。
今日はとりあえずここまで!w
またの機会に続きを書くことにします。
まあそもそも読む方があんまりいないとは思いますが、なにか考えがあれば是非コメントお願いします(笑)
ではでは~
スポンサーサイト

テーマ:機動戦士ガンダムシリーズ
ジャンル:アニメ・コミック

Comment

非公開コメント

| 2019.06 |
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

R-YA&ふぇいすふる

Author:R-YA&ふぇいすふる
ロボット大好きの二人組。
イラストも描きます。
ガンダム、BIONICLE、アーマードコア、フルメタ、ブレブレ、ラインバレル等、好きなロボットは多岐に渡ります(笑)
仮面ライダーも好きな奴らです。
現在小説は修行中です!

リンクフリーですー
相互リンクも募集中です!

ふぇいすふるは@faithful428
R-YAは@R-YA_liberate
でツイッターやってます。よければフォローお願いします~

最新記事

ご褒美(最新コメント)

MENU

最新トラックバック

月別アーカイブ

厳しく寂しい現実

無料アクセス解析
検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。